おすすめ映画、DVDの採点・批評・評価・ランキングのレビューサイト

          

スポンサーサイト

                
  • 2013.02.12 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ボルト/BOLT ☆☆☆☆☆

                

「どこで泣けるかで犬好き度が分かる映画」




ストーリー:アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに運ばれる途中、迷子になってしまった彼は、アメリカ横断の旅を余儀なくされる。しかしテレビショーの中で発揮する、数々のスーパーパワーを自分のものだと信じて疑わないボルトは……。(シネマトゥデイ)

自分の能力を本物だと思い込んでいるタレント犬の話。簡単に言えば犬版トゥルーマン・ショーなんだが、真実を知らないまま健気に生きる犬という設定だけで犬好きにとっては切ない。

要するにボルトは人間の都合で自分が本物のヒーローだと思わされている裸の王様なわけだが、ひょんなことから外の世界に飛び出したボルトは現実を思い知らされる。

メインストーリーの「真実を知っても尚、自分の思いを貫けるか」だけでなく、ちょっとしたシーンで見せるそして犬がするふとした仕草が微笑ましくも涙を誘う。

ピクサーのジョン・ラセターとディズニーの合わせ技がピクサー好きにもディズニー好きにも満足のいくキャラクターづくりを作りあげてる。

冒頭のアクションシーンは大人でもわくわくさせてくれる。さすがディズニー&ピクサーだ。

犬好きもそうでない人も楽しめること間違いなし。

映画として文句なしのベストアニメ

間違いなくおすすめの1本だ。


おすすめ映画批評の採点・・・96点

JUGEMテーマ:映画

 

時をかける少女 ☆☆☆☆★

                
 『懐かしいあの頃の心を思い出させてくれる映画』




高校2年生の紺野真琴は、自転車事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を持ってしまう。その能力のことを叔母の芳山和子に相談すると、それは“タイムリープ”といい、記憶の確かな過去に飛べる能力だという。半信半疑の真琴だが、日常の些細(ささい)な不満やストレス解消などのため、むやみやたらに能力を乱用しだし……。(シネマトゥデイ)

日本のアニメは宮崎駿だけではない。そう感じさせてくれる一本。

主人公が時間を行き来できることによって起こる未来の変化はラン・ローラ・ランを彷彿とさせる。

世界観は「耳を澄ませば」といったところか・・・。

蒸し暑い夏とずっと続くと思っていた高校生という青春時代に淡い思い出と共に観客をタイムスリップさせてくれる作品。

忙しい現代人にお薦めの一本

おすすめ映画批評.comの採点・・・65点



シュレック3 / Shrek The Third ☆☆★★★

                
『なんだか気付いたら終わってた映画』

おすすめ映画批評 シュレック3 Shrek The Third

怪物カップル、シュレックとフィオナ姫は、フィオナの故郷の王国で忙しい毎日を送っている。そんなある日、国王が倒れ、シュレックが後継者に指名される。しかし王位を継ぎたくないシュレックは唯一の王位継承者であるアーサー探しの旅に出る。シュレックの結婚から子供ができるまでを描いているが、正直今までのシリーズを見ていないので成り行きは掴めず、前作、前々作を見ている前提に作られている感じだ。

ドリームワークス製作のアメリカでもっとも人気があるアニメ映画シリーズ。アンチディズニーの作品としてシリーズ一作目から映画、DVD共に驚異のヒットを飛ばした作品の続編。一作目と二作目を観ていないのでなんともいえないが、恐らくこの作品が一番つまらない。でないと三作目を作るという話がでなかっただろう。

要所要所で笑いがあるがCMで観ましたけどというかんじ。思わず寝てしまった。シュレックシリーズは非常に面白いと聞いていたギャップを差し引いてもいまひとつだ。続編を楽しみにしていた人にはおすすめできないので観ない方がいいかもしれない。

進化するアニメの世界でヒットしたために固執しているような感じがした。1、2を見ていたらもっと評価が低かったかもしれない。参考までに4も作るらしい。

おすすめ映画批評.comの採点・・・40点

ハッピーフィート / Happy feet ☆☆☆☆☆

                
 『アニメのペンギンにグッとしてしまう映画』

おすすめ映画批評 ハッピーフィート Happy feet

歌を愛するペンギン世界で音痴に生まれてしまったペンギンが踊りに目覚める。ダンスを煙たがっられ音痴なことで居場所を失ったペンギンは旅にでる。そこには新しい世界が!みたいな話

アメリカの人種をペンギンの種類に見たてて分かる人には分かるなかなかシュールな笑いを提供してくれて面白い。クラシック一家の白人少年がヒップホップに目覚めてしまったみたいな話映像も歌も一級品で思わずペンギンがセクシーに見えてしまうほどだ。

ストーリー自体はありきたりだが終わり方が普通のアニメと違い大人も楽しめるようになっている。違和感はあるが新しい試みなのでまだ観ていない人は是非観ていただきたい。クライマックスでもっと歌を聞きたかったのが残念だが、その時点で魅了されているということだろうか。

ハッピーフィートは今までのアニメと違う終わり方を見せてくれる点が評価できるのでおすすめだ。


おすすめ映画批評.comの採点は・・・80点 

おすすめ映画 DVD 
BEST10
サイト内検索
selected entries
categories
archives
recent comment
  • オープンウォーター / Open Water ☆☆☆☆★
    WAHAHA (10/04)
  • シュレック3 / Shrek The Third ☆☆★★★
    SHU (09/20)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM