おすすめ映画、DVDの採点・批評・評価・ランキングのレビューサイト

<< 手紙 ☆☆☆★★ | main | 容疑者Xの献身 ☆☆☆★★ >>
          

スポンサーサイト

                
  • 2013.02.12 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ぐるりのこと  ☆☆☆☆★

                
『そばにいてほしい人は誰かを考えさせられる映画』

ぐるりのこと。


ストーリー:1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめていた。どこにでもいるような幸せな夫婦だったが、あるとき子どもを亡くしてしまい、その悲しみから翔子は心を病んでしまう。そんな翔子をカナオは温かく支え続け、2人の生活は少しずつ平穏を取り戻してゆく。


性格の違う夫婦が悲劇に見舞われる。悲しみに打ちひしがれ、ぼろぼろになりながらも肩寄せ合い歩いていく夫婦の物語。映画全体を通して、会話やシーンが本当に日常のひとコマひとコマを切り取ったかのように感じられるれ非常に自然体の台詞や演技が光っている。自然だからこそ笑えるシーンも数多くある。

映画全体は90年代の世相を表す事件の法廷のシーンと日常が交互に入るのだが、このコントラストが観客を引き込み、飽きさせない。

世の中はどんどん暗くなっていく中、夫婦はどういった答えをだし生きていくのか。内容としては重いが見ている側にそれを押し付けない作りになっており、20代後半より上の女性には本当に涙させられる映画かもしれない。

夫婦で見に行くことをおすすめする。

おすすめ映画批評.comの採点・・・75点



JUGEMテーマ:映画

 

スポンサーサイト

                
  • 2013.02.12 Tuesday
  • -
  • 11:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
おすすめ映画 DVD 
BEST10
サイト内検索
selected entries
categories
archives
recent comment
  • オープンウォーター / Open Water ☆☆☆☆★
    WAHAHA (10/04)
  • シュレック3 / Shrek The Third ☆☆★★★
    SHU (09/20)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM