おすすめ映画、DVDの採点・批評・評価・ランキングのレビューサイト

          

スポンサーサイト

                
  • 2013.02.12 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


死ぬまでにしたい10のこと / My Life without me ☆☆☆★★

                
『10コって意外と多いな・・・。って思う映画』

おすすめ映画批評 死ぬまでにしたい10のこと My Life without me 

23歳という若さで、がんで余命2か月と宣告された女性が彼女はやり残したことをノートに10コ、書き留める。オシャレのこと、ふたりの娘のこと、そして夫以外の男と付き合ってみること…。などなど。それを一つずつしていくという話
設定が設定だけに年頃の人には感情移入がしやすい映画。自分がもしこのコの立場だったらと真剣に考えてしまった。しかし淡々と話は進んで行き、特に何かが残る映画ではなかった。
こういう風に生きれたら人生は充実するが、生き残ってしまったときが怖いなと思う。

おすすめ映画批評.comの採点は・・・55点

ディア・フランキー / Dear Frankie ☆☆☆★★

                
『心の奥をくすぐられる少し幸せになれる映画』

実は存在しない船乗りの父親に少年が手紙を書き続けるという設定だけ聞くと悲しすぎる話。

おすすめ映画批評 ディア・フランキー Dear Frankie



夫のDVから逃げる母親が街を転々としながら女でひとつで(おばあちゃんもいるが)少年を育てていくのだがその母親始めそれぞれの人物の描写が素晴らしい。父のDVによって難聴になってしまった少年の心を唯一知る方法は偽の父親への手紙という設定。
ストーリーは静かに進んでいくがそれぞれの心理描写がセリフ以外でとてもよく感じ取れる映画。必然を嫌味なく描いている。すげーおもしれー。とかいう映画ではないが心温まる作品。

少し後押ししてくれる映画なので、なんか人生つまんないなとか思っている人にはおすすめかもしれない。

おすすめ映画批評.comの採点・・・70点

涙そうそう おすすめ度☆☆★★★

                
「独りで涙そうそうを聞いた方がよっぽど泣ける映画』

おすすめ映画批評 涙そうそう

那覇で自分の店を持つことを夢見て働く兄の洋太郎(妻夫木聡)のところへ、高校に合格した妹のカオル(長澤まさみ)がやって来て同居することになった。やがて資金が貯まり店が開店を迎えようとしたとき、洋太郎は詐欺に遭って莫大な借金を背負ってしまう。それでも洋太郎はカオルを大学に進学させるために必死に働くが……。
(シネマトゥデイ)


夏川りみが歌う「涙そうそう」、森山良子がBEGINと意気投合し「涙そうそう」という曲を作り、それに森山良子が自分の亡き兄のことを思い歌詞をつけた名曲。この人気に目をつけたTBSがテレビドラマと映画を製作。監督は『いま、会いにいきます』の土井裕泰。

自分の店を持つという夢に向かいがんばる兄(妻夫木聡)と高校生となり大学を目指す妹(長澤まさみ)の心温まる兄妹愛の話。しかし実際には血がつながってないこの二人が本当の家族よりも強い絆で支え合っていく。

今を代表する人気俳優の二人だが、これがいい。とにかく爽やかで笑顔が全開だ。正直こんな兄妹はいないと思うがキャストはズバリといっていいだろう。今まで男が選ぶ好きな芸能人のNo1に長澤まさみが入る意味が分からなかったが。この映画で納得した。おすすめだ。

さて、長澤まさみの事ばかりになってしまったが、ストーリーはひねりがない。展開が早くどんどん年月が経っていく。映画全体の醸し出す雰囲気は悪くないのだが、観客を泣かせなくてはいけないという義務感が観ている側に伝わってくる。

もっとのんびりとして消えていくような映画であれば非常に心に残る作品になったかもしれない。それだけに残念だ。

おすすめ映画批評.comの採点・・・40点

ワールド・トレード・センター / Untitled World Trade Center ☆☆☆★★

                
『忠実に描かれた事実を超えられない映画』

おすすめ映画批評 ワールド・トレード・センター / Untitled World Trade Center

ストーリー
2001年9月11日、港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と署員のウイル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)らは、同時多発テロの被害を受けたワールド・トレード・センターへ駆けつけた。マクローリンとヒメノら5人はビルの中に入って人々を誘導するが、崩落によって内部に閉じ込められてしまう。
(シネマトゥデイ)


アメリカ同時多発テロ事件を描いた映画は数多く存在する。この『ワールド・トレード・センター』もそのひとつ。

オリバー・ストーンが現実に起きた同時多発テロを忠実に再現しようとしているのがよくわかる。あの時、あの場所で何があったのか、というのを感情や思想を排除して描かれているのが今までの9・11の映画とは違う。

ユナイテッド93と比較されることが多いが、プロパガンダ的要素が強いユナイテッド93に対してワールド・トレードセンターは事実を忠実に再現しようとしているのが特徴だ。

むろん、彼だっていつも社会派の映画ばかり撮っている訳ではないが、ほかでもない、 実際に事件に遭遇した人達の体験を忠実に再現している。

主人公のモデルとなった当人も、この映画の製作に深く関わっており、何度もエキストラとして登場する。撮影に当たって実物大のセットを組んだわけだが、そのあまりに実際の現場に似ていたため彼らは震えが止まらなかったらしい。

現実に即してありのままを伝えようとした点においてこの映画は素晴らしいし後に残すべき映画であるとも思う。正直ストーリー展開が面白いわけでもないが、そういうところはどうでもいい。作る側の意気込みの伝わってくる映画だ。

ただ、途中に入っている実際のニュースの場面や、映像が本編を吹き飛ばしている感もある。やはり実際の映像と作られた映像とは訴えるメッセージが違うからだ。9・11のドキュンメンタリーなどを観た人にはやはりフィクション(実際は違うのだが)というイメージの域を抜けられないのかもしれない。

同時多発テロ関連の映画の中では1番におすすめする映画

おすすめ映画批評.comの採点・・・70点

ホテル・ルワンダ / Hotel Rwanda  ☆☆☆☆★

                
『歴史と一人の人間の生き様を見れる映画』

おすすめ映画批評 ホテル・ルワンダ / Hotel Rwanda

94年のルワンダ100万人以上の死者を出した大虐殺事件を描いた社会派の人間ドラマ。ツチ族とフツ族の民族対立の中で主人公であるホテルの支配人がどのように生きるかという話。

本質は、平凡な人間のサバイバルドラマで、いわゆる歴史映画ではまったくない。これほど史実と面白いストーリーを絡めて見せてくれる映画はあまりないのでその点非常に評価できる。

ツチ族の抹殺を考えるフツ族が見境もなくツチ族を殺し始める。主人公はツチ族の奥さんを持つフツ族である。民族関係なくツチ族をホテルにかくまう主人公だが、反逆者扱いを受けてしまう。厳しい状況の中で主人公は絶妙のバランスで立ち回っていくが、同じ国民が目の前で殺されていく。

歴史上本当にあったと考えると恐ろしくてしょうがないが、映画としても歴史としても見る価値のある映画。おすすめだ。

個人的には最後がイマイチだった。

おすすめ映画批評.comの採点・・・80点

おすすめ映画 DVD 
BEST10
サイト内検索
selected entries
categories
archives
recent comment
  • オープンウォーター / Open Water ☆☆☆☆★
    WAHAHA (10/04)
  • シュレック3 / Shrek The Third ☆☆★★★
    SHU (09/20)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM